女性利用者も増えてきているサウナの健康効果

○サウナとは?

サウナはサウナ風呂とも呼ばれていて、湿度や温度の高空間による蒸し風呂のことです。発祥はフィンランドとされています。サウナには多くの種類があります。フィンランド式サウナや遠赤外線サウナ、ミストサウナ、塩サウナ、麦飯石サウナ、スチームサウナ、岩盤浴などがあげられます。


○サウナの効能

一般的なサウナの利用目的は、疲労回復や減量、美容などがあげられます。では、実際にサウナにはどのような効能があるのでしょうか?

①疲労回復・・・サウナに入ることによって呼吸が通常時の2倍ほど高ぶります。そのため酸素の摂取量が通常時よりも多くなります。いつもより多くの酸素を取り込むことによって代謝などの効率が上がり、肉体の疲労を回復させます。また、エネルギーが再生産されるので疲労回復の効率が上がります。

②血圧を落とす・・・一時的に血行が良くなって、血圧が上がります。しかし、その後血管が広がるため、血圧が下がります。そのため、高血圧の人には血圧を落とす効果が期待できます。

③神経への働きかけ・・・サウナの高温の空気によってストレスが緩和されます。高温の空気は全身の皮膚を刺激します。すると、中枢神経が興奮します。それによって、身体機能が調整されていき、ストレスが緩和されます。また、自律神経の調整力を高める効果もあるので毛細血管の血流も良くしてくれます。

④皮膚の掃除効果・・・人間は体温が38℃になると汗をかきます。サウナは体の表面だけでなく、体内の筋肉や血液の温度も上昇させてくれます。それによって体内の余分なものが汗とともに外へ排出されます。また、汗が出ることによって毛穴に詰まっている皮脂を洗い流したり、皮下組織をきれいにしてくれます。

⑤心臓機能の改善・・・サウナに入ると脈拍が上昇してきます。すると、全身の血液の循環量が増えます。すると心臓の働きが活発になり機能が改善します。また、全身に酸素や栄養分が供給されるようになるので、体の調子が良くなります。


サウナは体にとても良いが、心臓への負担もかかります。なので入り過ぎないように注意してください。

残業代でお悩みの方は一度ご相談ください!

【プラスチック工房のチラシスタンド】単品から量産までOK!

レンコンを使用した花粉症対策

難聴 予防

埼玉の弁護士による離婚問題相談室